京葉臨海鉄道
会社案内
鉄道営業案内 関連事業 土地活用
リンク集
グループ会社
 TOP  >  鉄道営業案内(ISOコンテナ輸送)


ISOコンテナ輸送



現在 当社では京葉久保田駅に30フィート、24トンまで扱えるトップリフターを配備し、物流形態の変化により拡大しつつあるコンテナのバルク化、大型化の波に応えようと頑張っています。
 当社線では今後も大型のISOコンテナ等の扱える駅を増やせるよう努力して参りますが、全国(JR、各臨海鉄道を含む)の大型コンテナ取扱駅及び状況は次のようになっています。


○大型コンテナの取扱駅【全52駅】 (2007年4月現在)
20ft~40ftコンテナ(総重量35トンまで)(6駅)
宇都宮(タ)、東京(タ)、横浜本牧、神戸(タ)、北九州(タ)、福岡(タ)

20ft~40ftコンテナ(総重量31トンまで)(1駅)
仙台港
  20ft~30ftコンテナ(総重量35トンまで)(32駅)
帯広、札幌(タ)、苫小牧、五稜郭、八戸貨物、秋田貨物、盛岡(タ)、宮城野、郡山(タ)、新潟(タ)、神栖*、京葉久保田、隅田川、越谷(タ)、川崎貨物、静岡貨物、西浜松、名古屋南貨物*、岐阜(タ)、富山貨物、金沢(タ)、、梅小路、安治川口、梅田、姫路貨物、西岡山、東水島*、高松(タ)、新居浜、新南陽、熊本、鹿児島(タ)

20ft~40ftコンテナ(総重量24トンまで)(10駅)
新富士、北旭川、小名浜、黒井、倉賀野、新座(タ)、名古屋(タ)、四日市、大阪(タ)、大竹
  20ft~30ftコンテナ(総重量20トンまで)(3駅)
横浜羽沢、東福山、広島(タ)
*の駅は20ftコンテナまでの取扱いになります。











PDFファイルをご覧になるには、Adobe(R) Acrobat(R) Readerが必要です。
最新版のAcrobat Readerをダウンロードするには、下記の「Get Acrobat Reader」ボタンをクリックしてください。
acrobat